◆ホームページの名前はよく考えろ!◆


1から教えるホームページ副収入>ホームページの名前はよく考えろ!

ひと目見て内容の分かるものがいい
われわれの目的はネットで金儲けをすることである。
そのためには、たくさんの人にHPを訪れてもらわなければならない。
その際、HPのタイトル(名前)は非常に重要だ。
どれぐらい大切なのか、以下に例を示す。

例)ホームページで副収入を得る方法を知りたい人にとって、
  下の二つのサイトのどちらをまず見ようと思うか?
A:「1から教えるホームページ副収入」
B:「パピルスさまさま」


解説の必要もないだろう。もちろんAだ。(と思う。)
しかし、初心者はついつい、カッコつけたり奇をてらったりして、
わかりにくい名前を付けてしまいがちだ。
かくいうオレもそうだ。
正直に言おう。
「パピルスさまさま」はこのサイトの名前を決めるとき、かなりの有力候補だった!
危ないところで気づいて、われながらホッとしている。
ちなみにほかにどんな候補があったか、はずかしいが書いておこう。変なのも大量にあった。
つくづくなにも考えていなかったことに気づく。
ホームページ副収入講座  1億人の副収入        無料でお小遣いサイト
ネット収入事始め       アフィリエイターに告ぐ!    ゑびす屋本舗
パピルスさまさま        ホームページ副収入の館   神秘の副収入サイト
副収入の秘宝館       愛と副収入のパピルス     大江戸でござる
我が輩はパピルスである   電脳世間胸算用       コーネリアス教授      


サブタイトル(副題)でおぎなう
タイトルはわかりやすい方がいいのだが、しかしそうなると個性的なものはなかなか難しい。
「お小遣い」とか「副収入」とかそんなものの羅列になってしまいがちだ。
そこで、そういう内容を表す言葉をサブタイトルとして後ろに付け、
タイトルは個性的でインパクトのある名前にするという作戦もある。

前述したタイトル候補の中で「ゑびす屋本舗」や「パピルスさまさま」にするなら
必ず副題を付けたい。

例)「ゑびす屋本舗 〜ホームページで副収入を得る方法〜」


じゃあ、インパクトがあればなんでも良いかというとそうではない。(例「ボイン大作戦」とか。)
タイトルはそれなりにHPの内容と関連したものでないといけない。TOPページで相互リンクをしてもらう場合、サブタイトルまでは表記してもらえないからだ。
↑上の例の「ゑびす屋本舗」ぐらいなら、なんとなくお金と関係しそうな雰囲気がある。



検索を意識する
多くの人は検索をして、目的のHPにたどり着く。
検索するときに使いそうな単語をタイトルに含むことも大切だ。
タイトルかサブタイトルのなかに、
「金儲け」「無料」「お小遣い」「副収入」などの単語を入れておくといいだろう。
ただし、こういう単語の付くサイトはたくさんある。競争は激しいぞ。
ベストは、自分のHPを見てくれそうな人が検索するときに使いそうな単語で、
しかも、よそのサイトではあまり見かけない単語。
そういうものがベストといえる。
「そんなものあるのか?」とおもうだろう。
もちろん、「ない!」
というか、オレには見つけられなかった。
仕方がないので、競争は激しいけど、自分のサイトは、わかりやすい名前にしたよ。

さらに!
検索に有利にするには、タイトルだけでは不十分。
TOPページには検索に引っかけたいキーワードをたくさん使おう。
タイトル以外で検索エンジンに影響を与える最重要項目は、まさにこれ。


そのページに、どの単語がどのくらい含まれているかはこのツールで調べてみろ。
自分のページのURLを入れるだけだ。
キーワード出現頻度解析


すでに存在しないか
すでに同じ名前のサイトがないか、検索して確かめておこう。
ひらがな、カタカナ、漢字、いろんなパターンで調べとこう。
似たようなのはなんだか気まずいし、パクリと思われるのもしゃくにさわる。


もっと詳しく知りたい!

SEO検索エンジン最適化
  オレもここで勉強した。
  その情報量に圧倒されるな!

ただし、あまり小手先のSEOにこだわりすぎないように。
検索の上位に表示されてアクセスを増やしたいのなら、まずはサイトの中身を充実させろ。
それが一番のSEOではないかとオレは考えている。


おまけ ハンドルネームもよく考えろ!
ハンドルネーム(HN)というのはネット上での自分の名前のことだ。
オレの場合は、【パピルス】。(由来についてはプロフィールのページを見てくれ。)
これもよく考えて付けよう。
以下に気をつけるべき点をあげておく。
(例に挙げた名前はオレがてきとうに作ったヤツなので、実在の人がいたらすいません。)

 ・長すぎる…書くのが面倒。正確に覚えてもらえない。
 ・ありきたり…「太郎」とか。ほかのヤツとかぶる。顔が分からんので、間違われやすい。
 ・英語…短いのならいいんだけど、(4文字程度)
      本人が思うほど日本人の英語力は高くないです。
    例:super affiliater←この程度でもきびしいぐらいだ。書きにくいし。コピーするのも面倒。
 ・変…オフ会なんかで会うと呼べないようなのはやめとこう。
     たとえば、「はなげまん」とか、そういうの。
 ・○○ちゃん…金持ち兄さんが成功してからとくに増えたようだ。
         なにがアカンのかっていうと、とにかく呼びにくい。
         ○○ちゃんさんってなるから。(アグネスチャンさん?)
         呼び捨てでいいって言われてもなかなかそうもいかないからねぇ。

で、オレの【パピルス】はどうか? これもあんまりよくないな。
日本語の名前にすれば良かった。ネットで知り合った人と会う時困ると思う。



次は、文章を書く時の注意。
ため口はきくな!」へ行け!
前のページへ戻る   1から教えるホームページ副収入へ戻る