◆お小遣いサイトのゲーム理論◆

1から教えるホームページ副収入>お小遣いサイトのゲーム理論

ゲーム理論
天才数学者フォン・ノイマンが今からもう60年も前に考え出したのがこの「ゲーム理論」。
ゲームといってもテレビゲームとはちょっと違う。
人間は自分一人で考えている時と、相手がいて駆け引きがある時とでは、当然その行動はだいぶ違ってくる。
利害関係が複雑にからみあう状況下で人間はどういう戦略をとって行動するべきか?
そういう問題に数学的に答えをだしたのがこの「ゲーム理論」だ。
この理論は数学だけでなく、国家間の争いや株の取引、はては恋の駆け引きまで、さまざまな問題に応用できる。




誠実さんのジレンマ
オレのサイトでは「誠実なサイトづくり」を主張している。それって、戦略的にどうなのか?
正直者はバカを見るっていうしねぇ。
そこで今回は、ゲーム理論で有名な「囚人のジレンマ」を応用して「誠実さんのジレンマ」というのを考えてみた。
(「囚人のジレンマ」については、高橋真希さん(神戸大学国際文化学部)のページをご覧下さい。勝手にリンクしてます。)

お小遣いサイトを運営するAさんとBさんがいる。
誠実な行動をとった方が得をするか、ズルいことをした方が得をするか。

Bさん
誠実・協力的 ズルい・卑怯
Aさん 誠実・協力的 ゾーン1
【A:30万、B:30万】
ゾーン2
【A:10万、B:40万】
ズルい・卑怯 ゾーン3
【A:40万、B:10万】
ゾーン4
【A:20万、B:20万】

【以下を仮定とする】(金額などは「ゲーム理論」の条件に合わせて、オレが設定した。)
まず、Aさん、Bさんともに「誠実・協力的」な行動をとった場合。【ゾーン1】(上の表を見ろ)
お互いに情報などを共有できた。Aさん、Bさんともに30万円の収入を上げられる。

次にAさんは「誠実・協力的」な行動をとったのに、Bさんは「ズルい・卑怯」な行動をとった場合。【ゾーン2】
この場合、Aさんは、せっせとBさんに正確な情報を伝えて協力する。BさんはAさんの協力で収入を上げる。さらにBさんは、Aさんに嘘をついて妨害したり、お客さんを横取りしたりする。その結果、Bさんは40万、Aさんは10万の収入。

【ゾーン3】はゾーン2の逆。Aさんは卑怯なことをする。Bさんは誠実に協力する。収入は、Aさん40万、Bさん10万。

【ゾーン4】Aさん、Bさんともに嘘のつきあい。どちらも相手から情報・協力が得られず収入はAさん、Bさんともに20万円。


さて、以上の結果を仮定とする場合、Aさんが得をするにはどういう戦略をとるべきか、考えてみよう。




「誠実さん」とお小遣いサイトに未来はない?
Aさんの戦略。
まず、Bさんが「誠実」な行動をとると仮定した場合、
Aさんが「誠実」を選択すれば、30万。「ズル」を選択すれば40万。
Aさんは「ズル」を選択した方が得だ!(下の表を見てね)
つぎに、Bさんが「ズル」を選択すると仮定した場合。
Aさんが「誠実」を選択すれば、10万。
「ズル」を選択すれば、20万。
こっちもAさんは「ズル」を選択した方が得をする。
つまり、相手がどっちできても、「ズル」をしておけば得をするのだ!

つぎは、Bさんの戦略。
これも、Aさんと同じ。Aさんが「誠実」・「ズル」、どっちできても、Bさんは「ズル」をすれば得をする。(下の表を見てね)
Bさん
誠実・協力的 ズルい・卑怯
Aさん 誠実・協力的 ゾーン1
【A:30万、B:30万】
ゾーン2
【A:10万、B:40万】
ズルい・卑怯 ゾーン3
【A:40万、B:10万】
ゾーン4
【A:20万、B:20万】



←まえの表と
  同じ表だよ





ということは、AさんもBさんも共に「ズル」を選択する結果になる!(がーん!)
AさんもBさんも「誠実さん」には成れないのだ!(がーん!!)
しかも、この場合、両サイトの収入の合計も一番低くなる!(がーん!!!)
【ゾーン4】(青いところ)のこの状態をゲーム理論では「ナッシュ均衡」とよぶ。
個人が自己の利益しか考えない場合、必ず「ナッシュ均衡」に陥り、組織や社会全体の利益も最小となってしまう。お小遣いサイト業界全体の利益も増えない。
お小遣いサイトに未来はないのか!?


未来はこうして作っていける
人をだまして自分だけ儲けようとしても、思ったように利益は得られない。しかも、全体の利益も損なう。そういうことを「ゲーム理論」は明確に示している。
ここで【ゾーン1】(上の表の赤いところ)を見てくれ。
ゾーン1はゾーン4より個人が得られる利益が高い。しかも、組織や社会全体の利益は最大になる!(おおっ!)
つまり、全体の利益を優先して行動することが、結局「ナッシュ均衡」を回避し、我々の利益にもなるということだ。(おおっ!!)
オレの主張する「誠実なサイト作り」は、実はこういう理論によって裏打ちされている。
けっして、「お天道様は見ているから…」などという、あやふやなものではないのだ。

理論上は、「誠実さん」がすべてのお小遣いサイトに付いた時にこの業界の利益は最大のものとなる。
「お小遣いサイト」から「国家間戦争」まで考られる「ゲーム理論」。
考え出したノイマンって、やっぱ天才だねー。




【おまけ】
「ナッシュ均衡」は、ノイマンのゲーム理論をもとに数学者ジョン・ナッシュが50年ほど前に考え出した理論だ。
狂気の世界を克服し、ノーベル賞を受賞した彼の人生は、そのままドラマであり、映画にもなっている。
ジョンは若くして天才的な業績をたくさん築くのだが、統合失調症のために狂気の世界へ落ちていく。献身的な妻の介護もなかなか効果を現さなかったようだ。
映画のタイトルは『ビューティフル・マインド』(アカデミー賞受賞:2002年)。
主人公のジョン・ナッシュをラッセル・クロウ、妻のアリシアをジェニファー・コネリーが演じていた。
オレも見たが、レンタルしてみるぐらいの価値はあると思う。泣ける映画だ。
ビューティフル・マインド




前のページへ戻る   1から教えるホームページ副収入へ戻る