◆お小遣いサイトの初心者に与うる書◆

1から教えるホームページ副収入>お小遣いサイトの初心者に与うる書

☆お小遣いサイトをつくろう!
我々は自作したホームページに広告を貼ったり、
ポイント付きのメールや懸賞などを紹介することで
お金を儲けようと考えている。


これは「ネズミ講」「悪徳商法」のような違法なものとは違う。
紹介する側も、される側もいっさいお金がかからない。

仕組みは簡単だ。
たとえば自分のHP(ホームページ)に広告を貼って
それがクリックされたり、そこから懸賞やメールの応募があれば、
広告主の企業から宣伝料として
数円から数百円程度の報酬が我々の懐に入る。

ここには人をだましたりする後ろめたさはない。
それどころか、これは我々に紹介料が入るだけでなく、
懸賞などは相手にとっても利益のあることであり、
双方にとって得することである。
なにより相手方にお金を払わせなくて良いというのが、うれしいではないか。
我々が作ろうとしている、このようなホームページを「お小遣いサイト」という。
   
ちなみに「ネズミ講」や「悪徳商法」で人をだまして金を儲けたい人は、
すぐに当サイトから立ち去ることをオススメする。(時間の無駄でしかない)
そういう人はまずここでよく研究してから実行するように。それがいかに愚かなことかがよくわかるだろう。→
また、手口について知りたい人はココ→



☆お小遣いサイトの現状
「お小遣い」「副収入」「金儲け」…、こんなキーワードで検索すると
星の数ほどの「お小遣いサイト」が見つかるはずだ。
デザインやギミック(おもしろい仕掛け)などに凝ったサイトもたくさんある。
なかには月に100万円以上の収入を得ているサイトもある。
初心者に太刀打ちできるのか不安に思うだろう。
しかし、初心者だからこそ勝てるという要素もある。



☆訪問者の視点
星の数ほどある「お小遣いサイト」だが、
じつは、その大部分は十分に収入を得ていないサイトがほとんどだ。
訪問者にとって有益な情報を紹介しているのになぜ収入につながらないのか。
オレはたくさんの「お小遣いサイト」を研究した。
そうして見えてきたのが「訪問者の気持ち・視点」である。
訪問者はお金儲けに興味を持っていても、初めは誰だって不安だ。
インターネット上は、詐欺や悪徳商法が氾濫する「無法地帯」の印象が強い。
「なんのリスクもない」と言われても信用する根拠もない。
怪しいと思えば立ち去るだけだ。
そういう気持ちをあなた自身も持っていたはずだ。



☆判断は訪問者自身がする
不安な気持ちをなくし、信用するかどうかの判断は、
当然、訪問者自身がする。これを忘れてはいけない。
訪問者が判断をするためには、
「お得です」などのメリットを知らせるだけでは不十分である。
デメリットも十分に知らせるべきだ。
ただ、メールや懸賞に「デメリット」というのはほとんど無いというのが正直なところだ。
それでも我々が実際にメールや懸賞を体験して感じたことがあるはずだ。
実体験の文章は具体性があり、読む人を引きつける。



☆初心者だからこそ勝てる!
真に有益な情報を訪問者は求めている。
ハメようなどと思ってはいけない。(残念なことにそういうサイトも多いが。)
訪問者は馬鹿ではない。
誠実な気持ちで、実体験の真実のみを忠実に伝えよう。
その際、高度な技術を使用した場違いなデザインや凝ったギミックなどは、
なにも知らない訪問者にとっては、なんだか巧妙な罠のようにも思えて、
かえって警戒心を高めてしまっている。
さらに、そういうHPは、たくさんお金を稼いでいそうで、
これ以上儲けさせたくないような感情をおこさせる。
実際に継続して、高収入を得ているHPは、非常にシンプルな作りになっている。
また、月に100万円以上稼いでいることを公表しているHPでも、
誠実な人柄の感じられるHPは、「訪問者」を「協力者」に変えてしまう。
なのにほとんどの「お小遣いサイト」の運営者はそこに重点を置こうとしない。
儲かっているサイトより、「立派な」HPにすればいいと、
見栄えや表面上のテクニックに走りがちだ。
誠実な内容であればいい。つたない技術でも一生懸命作り続ければいい。
そのほうが、「こころ」は伝わるものなのに。


競争の激しい「お小遣いサイト」の世界で、
初心者だからこそ勝てる要素というのはそこにある。
自信と根性で「お小遣いサイト」を作って欲しい。


次は、【このHPを作った理由】を読め!
前のページへ戻る   1から教えるホームページ副収入へ戻る